2013年10月29日 (火) | Edit |
気になった記事。

唯一購入している雑誌ZAiより。


●老後30年超の生活費のお金が必要に。

 一度、計算してみて下さい。
 ⇒老後の為の必要な貯蓄額計算
 
●年金は減額された上、
 現在は60~65歳の年金支給開始年齢が、
 68~70歳に引き上げられる可能性が濃厚。

●預貯金を引き出す将来の時点では
 再びインフレ時代になっていて、
 物価が大幅に上昇している可能性もある。
 銀行預金だけでは財産の実質価値が
 低下してしまうリスク有。

 ⇒ネタ元
 
 
日本の借金が増え続けている今、

最終的にはお金を刷って

お金の価値を下げる方法しか

残らないのではないかという

思いが個人的にはありますので、

現物資産の金ETFの割合を増やしてます。


安月給生活が染み付いてるので、

住宅ローンさえ終わってれば、

夫婦で生活費月15万円でも収まりそうですが、

それでもそれなりの貯蓄額が必要。


安月給だと毎月の生活だけ精一杯。

貯金なんて無理ってとこも多いと思うんですが、

安月給や貧乏人ほど、ソレを打開する何かを見つけ、

他人より早めの行動が必要ではないかと感じています。


全然おもしろくない ⇒ 容赦なくスルー。
少しおもしろかった ⇒ クリック×1。
結構おもしろかった ⇒ クリック×2。

人気ブログランキング応援(老後までに必要な貯蓄額。) にほんブログ村応援(老後までに必要な貯蓄額。)
コメント
この記事へのコメント
ですよね
俗に言う長生きリスクですよ.。

生きることはお金を消費することですからね。
いまの年金では、とてもじゃありませんが暮らしていけません。

しかし、国内は年金保険不払い者も多い

こういう人達が、最終的には生活保護を貰い、税金も免除って、やっぱり納得いかないですね。
2013/10/29(Tue) 07:36 | URL  | あすみん #-[ 編集]
なんか今日、すごく真面目な記事ですね。
あたしもたまには真面目に考えよう・・・。
2013/10/29(Tue) 08:55 | URL  | まっちゃ #-[ 編集]
最強は、
FXや、株式などで日本円以外の資産を持つことと
不動産とか金など、モノを持っていると強いですよね

あー、お金がほしい。
2013/10/29(Tue) 10:23 | URL  | すわひろゆき(30nomoney) #-[ 編集]
何だか痛いとこつかれた感じです~。
確かに元気で長生きするにはお金も必要ですね。
年金はあてに出来ないので自分で必要な資金を計画的に準備しなければです。
自分に何が出来るか考えないとです(^^;
2013/10/29(Tue) 10:29 | URL  | ななこ☆ #-[ 編集]
>あすみんさん Re: ですよね
> しかし、国内は年金保険不払い者も多い
> こういう人達が、最終的には生活保護を貰い、税金も免除って、やっぱり納得いかないですね。

ほんと納得いかない。
こういう輩に限って世の文句ばかり。
 
ただ生活保護費も年金支給額の減少に連動して
いずれ縮小していくでしょう。
将来への備えは最低限は必要ですね。

お互い頑張りましょう。
2013/10/30(Wed) 05:37 | URL  | lifeload1977 #-[ 編集]
>すわひろゆきさん Re: 最強は、
> FXや、株式などで日本円以外の資産を持つことと
> 不動産とか金など、モノを持っていると強いですよね

そうですね。
先進国は何処の国もお金を刷り増ししていきそう。

今からどう動くかが重要なんでしょうけど・・・
なかなかうまくいきませんσ(゚∀゚ )オレ
2013/10/30(Wed) 05:40 | URL  | lifeload1977 #-[ 編集]
>まっちゃさん Re: タイトルなし
> なんか今日、すごく真面目な記事ですね。

真面目な記事は変ですかσ(゚∀゚ )オレ

このネタ定期的に描いてますが、
自分に言い聞かせてる部分も大きかったりします。
2013/10/30(Wed) 05:42 | URL  | lifeload1977 #-[ 編集]
>ななこ☆さん Re: タイトルなし
安月給はあと10年とかになってからでは間に合わない。
残念なことに。

現状を楽しむお金と将来に備えるお金
バランスをとっていきたいですね。
2013/10/30(Wed) 05:45 | URL  | lifeload1977 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/31(Thu) 10:17 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック